2009年07月04日

板倉知恵展−Art Space 88(国立)−


板倉知恵展dm1









板倉 知恵 リトグラフ











板倉知恵展map2009年7月9日(木)〜14日(火)
11:00−18:00(最終日17:00まで)
〒186-0004東京都国立中1−9−66
ファッションコージブランコ
TEL042−577−2011


−作者の言葉−
リトグラフ、コラージュ、消しゴム版画で
愛しい生き物達の世界を表現しました。
ご高覧いただければ幸いです。
posted by rococo at 18:06| Comment(8) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

蒼山日菜レース切り絵展−ギャラリーCOEXIST・御徒町−


蒼山日菜展dm1
〜はさみのおしゃべり〜
あなたは日菜のレース切り絵を知っている?

紙とハサミだけで表現し、人々を魅了している蒼山日菜さんの日本初個展(スイス在住)を初日8日に拝見しました。

喜代子さん、やっさん、kamoさんからのご紹介で12ch「世界を変える日本人100人」を拝見し、初めて日菜さんと、レース切り絵というジャンルを知りましたが、こんなに早く、実際に拝見できるとは・・・びっくりです。この繊細で流麗、幻想的に表現された花や蝶が、ちいさなハサミ1本から紡ぎ出されたものとは!・・・熟練の技というよりは、むしろ魔法・・・



蒼山日菜展dm22009年7月8日(水)〜26日(日)
11:00−19:00(月曜定休・最終日17:00まで)
台東区台東1−23−12
TEL03−3835−4610
【ギャラリーCOEXIST】 http://coexist-art.com/index.html
【蒼山日菜公式HP】http://www.hinaaoyama.com/


posted by rococo at 02:58| Comment(6) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

板倉知恵展−アートスペース88(国立)−


板倉知恵展1






「いとちいさきもの」
板倉 知恵 
リトグラフ




2009年7月9日(木)〜14日(火)
11:00−18:00(最終日17:00まで)
〒186-0004東京都国立中1−9−66
ファッションコージブランコ
TEL042−577−2011

板倉知恵展2
板倉知恵展3







板倉知恵展4板倉知恵展5








板倉知恵展8板倉知恵展7





7月11日会場にて


posted by rococo at 01:03| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

第25回ぐんま版画展−高崎シティーギャラリー−


ぐんま版画展2009dm



2009年7月17日(金)〜22日(水)
10:00−18:00(最終日17:00まで)
〒370-0829群馬県高崎市高松町35−1
高崎駅西口から徒歩10分
TEL027−328−5050





「緑陰の光」長野順子(銅版画)





青木洋子 新井正博 新井リコ 飯塚洋子 石井克
糸井千恵美 入澤徹 大山恵美子 大川幹夫 大川みゆき 
大木和歌子 小方正法 小川千明 小曽根正利 金田優 
金子堅吉 亀山知英 木村真由美 栗原一枝 劔持貞則
小林正人 酒井重良 定方恭子 貞友里江子 直原昌子
島田文男 鈴木康弘 高沢いさむ 高瀬元彦 高橋房雄
武井健一 多胡宏 立堀秀明 玉川研治 土屋進
堤敦子 中林三恵 中山隆右 長野順子 根岸陽子
広瀬加奈子 広瀬孝志 みいださかえ 森川シュウイチ
八木原由美 山本善一郎 吉田孝子 吉田光正 渡辺正彦

【物故】多賀堂岳 野村邦夫 岡田義男 今井敬二


posted by rococo at 17:32| Comment(5) | TrackBack(1) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

第25回ぐんま版画展1−高崎シティーギャラリーー


蘭香s







【蘭香】
リトグラフ 
八木原由美
4版4色
26.0×24.0cm







2009年7月17日(金)〜22日(水)
10:00−18:00(最終日17:00まで)
〒370-0829群馬県高崎市高松町35−1
高崎駅西口から徒歩10分
TEL027−328−5050

■主催
群馬版画家協会
■後援
群馬県教育委員会 (財)群馬教育文化財団 高崎市 高崎市教育委員会 上毛新聞
NHK前橋放送局 群馬テレビ エフエム群馬 ラジオ高崎 (社)企業メセナ群馬

第一展示室:本展
予備室:版画で表現する群馬


posted by rococo at 00:53| Comment(6) | TrackBack(1) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

第25回ぐんま版画展2−高崎シティーギャラリー−


ぐんま2009展1


7月19日会場にて











ぐんま2009展2
ぐんま2009展3


左/栗原一枝・新井リコ
右/金田優



ぐんま2009展4
ぐんま2009展5


左/みいださかえ
右/広瀬孝志




ぐんま2009展6
ぐんま2009展7
左/鈴木康広・根岸陽子
右/新井正博


posted by rococo at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第25回ぐんま版画展3−高崎シティーギャラリー−


夏宵s

「夏宵」
19.5×24.0cm
石版画
八木原由美











ぐんま2009展8
ぐんま2009展10


左/飯塚洋子
右/中山隆右



ぐんま2009展11
ぐんま2009展9
左/島田文男
右/故・多賀堂岳


posted by rococo at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第25回ぐんま版画展4−高崎シティーギャラリー−

【版画で表現する群馬】25周年記念特別企画展

版画で表現する群馬1
版画で表現する群馬2



左/栗原一枝 赤城山
右/武井健一 群馬大学工学部記念館



版画で表現する群馬3
版画で表現する群馬4
左/入澤徹 N駅
右/金子堅吉 上州白井宿秋景・朔太郎邸



版画で表現する群馬5
版画で表現する群馬6
左/長野順子 絹の道 
右/多胡宏 長い夜に(朔太郎に捧ぐ)


posted by rococo at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第25回ぐんま版画展5−高崎シティーギャラリー−

【版画で表現する群馬】25周年記念特別企画展

朔太郎2s










「憧憬・朔太郎U」
石版画
21.0×15.0
八木原由美





朔太郎1s










「憧憬・朔太郎T」 
石版画
23.5×17.0cm
八木原由美







版画で表現する群馬7
版画で表現する群馬8



左/土屋進 妙義風景 
右/貞友里江子 森の休日




版画で表現する群馬9
版画で表現する群馬10
左/青木洋子 ふくふく 
右/糸井千恵美 朔太郎と青猫


posted by rococo at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

一版多色摺り木版公開講座−第25回ぐんま版画展特別企画−

7月19日(日)11:00〜16:00
講師に版画家、船坂芳助氏をお招きして1版4色摺りの実演を拝見しました。

木版画講座1

版木を準備し下絵を描いておく。


限定部数のすべてを1度に摺るのであらかじめ湿した新聞紙の間に挟み、2時間以上置く。
絵具は水干絵具を水に溶いて使う。



木版画講座2
第1版は何も彫らずに全面を淡いグレーで摺る。




筆で絵具をざっと塗りなじませる。





木版画講座3

丸刷毛で何度も絵具をいき渡らせ、最後は木目に直角に刷毛目をつけるように整える。







木版画講座4

版の手前に見当(木製L字型)を置き、湿した和紙を固定する。


見当を外してから、バレンで均一に摺り込む。




木版画講座5
第1版を摺り終えた和紙はその都度、湿した新聞紙の間に戻して寝かせておく。


第2版に彫り進む。彫刻刀は縁は三角刀、内側は丸ノミ、中央には絵具が付かないので彫らずにおいて構わない。


木版画講座6









第2版は赤で摺る。




木版画講座7
















木版画講座8






絵具が裏に滲むほど充分に力を入れて摺る。






木版画講座9





赤の版を摺り終えたら、版を丁寧に拭いて第3版に彫り進む。





木版画講座10
第3版は青。






同様に、第4版に彫り進む。





木版画講座11


第4版の摺り・・・
最後の版は黒で引き締める。
始めたら1日で第4版まで摺り終えるようにする・・・紙の伸び縮みによる誤差の可能性大。




木版画講座12


完成作品と道具
右下が水干絵具(絹絵や色紙用にも用いられる。水に浮くほど細かい粒子で、定着に優れている。
下のピンクは「牡丹色」、左の水色は「新橋色」



posted by rococo at 00:21| Comment(6) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

たのしいバレン作り−第25回ぐんま版画展−


バレン2
7月19日


船坂芳助氏による木版画公開講座の中で特に興味深く拝見したのが「バレンの作り方」でした。






バレン作り木版画で最も大切な道具のひとつがバレンですが、5万円から30万円で市販されるバレンも作り方を体得すれば材料費3000円でOK!(^^)!
年賀状を木版画でと計画中の方はまずはバレン作りから・・・今からでも決して早過ぎることはございません(^_^;)
バレン3バレンの材料は真竹の筍の皮、孟宗竹は向きません。中央20cmのしっかりした部分15、16枚分で1つのバレンが出来上がります。まず、水に浸しながら中側の甘皮を丁寧に剥く。カッターなどを用いて2mm巾に切り揃える。

バレン4
水に湿しながら6本を束にして左右に3本づつ、撚り合わせて細縄にする。
15、16mの細縄は版画作品によってさらに2本どり、4本どりなどに撚り合わせて太い縄を作る。




バレン5






円盤状に巻きステンレスの針金などで綴じつける。








バレン6
竹縄を納める「あてがわ」は薄い和紙を150枚重ね合わせて作ったり、画像のようにベークライトを皿状に加工したものを用いる。





バレン7














バレン8
湿した筍皮を切り整えて、しっかり包む。










バレン9
タコ糸でしっかり綴じつける。










バレン1
バレンは指に力を入れないように軽く、持ち手に掛け、手のひらの付け根に力を込めて、しっかり摺る。


posted by rococo at 17:39| Comment(5) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

ぼくの天使へ−中本繁詩画集−


くるくる紙芝居s








ぼくの天使へ
中本繁詩画集 
1000円








毎年秋に催される町田市立国際版画美術館「ゆうゆう版画美術館まつり」ですが、皆様は昨年出展された「くるくる紙芝居」を覚えていらっしゃるでしょうか?・・・こちらで画像をご覧になった柳さんが「あの紙芝居の人、僕の友達なんです(^_^)」とメールを下さり、びっくりしました。今回その柳さんからくるくる紙芝居の中本さんが絵本を出版されたとお知らせを頂きましたので、あらためてこちらでも御案内させていただきます。

くるくる紙芝居1
くるくる紙芝居2



2008年版画美術館まつり




【柳賢男さんのHP  http://www.vijuu.org/shop/index.より】
詩に新たに絵を付けた、作者の思い入れ濃い作品集となった。右ページに詩、左ページに絵という構成で108ページ。表表紙と裏表紙がカラーイラスト、詩と絵はモノクロ。「ひみつ ひみつですよ ひみつですよ あのひとがぼくに ほほえんだんです ・・・」中本ワールドの絵と詩が息づく。


posted by rococo at 18:27| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする