2010年03月03日

第11回 広瀬孝志木版画展−ギャラリーはなみち(宇都宮)


広瀬孝志展dm







おひなさま(11×9cm)
木版画・金箔
広瀬孝志











2010年2月27日(土)〜3月7日(日)
11:00−18:00(最終日17:00まで)
〒320-0806 宇都宮市中央1−5−9
TEL028−635−5020
【ギャラリーはなみち】
広瀬孝志展map












群馬版画家協会の友人taishihoさんの個展です。春をテーマにした色鮮やかな木版画40余点を展示しています。拝見したいけれど、ちょっと遠い宇都宮・・・只今taishihoさんのブログで最新展示風景を見られます。
【Taishiho Blog】http://d.hatena.ne.jp/taishiho/




posted by rococo at 02:45| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

春季 新作家展2010−東京銀座画廊・美術館−


春季展2010dm




















2010年3月9日(火)〜14日(日)
10:00−18:00
〒104-0061中央区銀座2−7−18 銀座貿易センタービル8階
【東京銀座画廊・美術館】
TEL03−3564−1644

春季展会場1









3月8日
会場飾り付け






扇s








扇 F20
八木原由美


posted by rococo at 13:58| Comment(14) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

にゃんこ大集合展−おじゃら画廊(北千住)−

にゃんこ大集合展s1



2階会場
3月14日撮影








2010年2月21日(日)〜3月28日(日)
12:00−18:00
月・火・水 定休
〒120-0034 足立区千住3-58 毎日通り飲食店街
【おじゃら画廊】http://www.ojara.sakura.ne.jp/index.html

あおきたかひろ・猫絵師目羅・鈴木祥子・ななめ・よこたしょうこ
みすみれいこ・兎屋みいすけ・北沢公子・おじゃらりか・八木原由美他

にゃんこ大集合展s2








よこた しょうこ
鉛筆画







にゃんこ大集合展3



おじゃら りか
水彩画

たぶんこの背中に丸3つ猫は、お向かいのバーの猫・・・毎回ガラス越しにお目にかかります。




にゃんこ大集合展s4






あおきたかひろ
「大黒様と猫」
写真

合成ではありません。大黒様にカメラを向けると猫が飛び乗って、こんなポーズをしてくれたという奇跡の一枚



続きはみけの寓で・・・ http://mikenoguu.blogspot.com/



posted by rococo at 14:43| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

【in Vitro-utsusemi-】インスタレーションユニット HUST(臼木 英之・遠山 伸吾) FIRST EXHIBITION(YCC・横浜)


HUST1dm







2010年3月18日(木)〜22日(月)
11:00−19:00
YCC(YOKOHAMA CREATIVECITY CENTER)1Fホール
〒231-8315 横浜市中区本町6−50−1
TEL045−221−0325 



 http://www.yaf.or.jp/ycc/





みなとみらい線「馬車道駅」1b出口[野毛・桜木町口(アイランドタワー連絡口)JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分、JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩7分

HUST2dm















【臼木英之氏コメント】
昨年から彫刻家の友人遠山伸吾氏とインスタレーション・ユニット「HUST」というのを立ち上げました。
今回が初のEXHIBITIONで、コンセプトはこんな感じです。

「実在する不在」「痕跡と封印」「時間と喪失」「空間と忘却」「一瞥と不可触」「表象と遮断」等のkey word をテーマに、人と事象の定義を多角的に示し、問題意識の座標軸に揺さぶりをかけることを目的とする。「過去」という意識、物証。「未来」という不可知への選択。その間に紡がれる「現在」をどう切り取り、切り込むか、常に斬新な視点を提案し、時間、空間そして関係性の輪郭を際立たせる表現を目指す。

実際の展示についてですが・・・・

真っ白で巨大な空間に、真っ黒な風船が200個あまり、黒い糸に繋がって浮いています。良く見るとそれぞれの糸には、背中に黒いバーコードが差し込まれたセミの抜け殻がしがみついています。その糸の足元には、さらに無数のバーコードをつけた抜け殻が群がっています。(全体で1万匹位。夏にひたすら集めました)バーコードも良く見ると「I am you」「You are me」という言葉がバーコード化されています。そして無数の風船は人が歩くたびに、不安定にゆらゆら動きます。

この展示には2重の意味が込められています。
高く浮かぶ黒い風船達は、希望のない未来の象徴で登った先には何もありません。そしてまるで小説「くもの糸」のように糸の先に群がり登ろうとする抜け殻やバーコード全てが現代社会の比喩で、管理と個人、夢と現実、など観る人に色々な想いを喚起させます。
もう一つの意味は・・・これはご覧になってからお考え下さればと思います。
                         以上DMより

posted by rococo at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする